So-net無料ブログ作成

新レイアウト [鉄道模型レイアウト]

新レイアウトの紹介です。

a1-1-1_mini.JPG
現在製作中のレイアウトです。フル規格のレイアウトを持つという夢が捨てがたく、
ミニレイアウト完成後すぐに取り掛かりました。
畳1枚位の大きさです。製作中と書いていますが、実はほとんど完成しています。
ご覧のようにドーナッツ型のレイアウトになっています。


このレイアウトは大きく4つのモジュールに分かれていて、それぞれテーマを決めています。
手前部分がヤード(春)・右部分が滝(夏)奥部分が駅(秋)そして左部分が山と牧場(冬)になっています。

a1-2_mini.JPG
冬セクションです。手前の農家はミニレイアウトと共用です。


a1-3_mini.JPG
春セクションです。鉄道橋が架かっている下に川があります。


a1-4_mini.JPG
機関区です。見難いですが機関庫の他に給水塔やスポート、給炭塔があります。


a-1-5-1_mini.JPG
夏セクションです。滝は大分県の原尻の滝がモデルです。


a1-6_mini.JPG
秋セクションです。駅舎と商店が数軒あります。

台枠は30ミリスタイロフォームを2枚重ね合わせ、その下に5ミリのスチレンボードを貼り付け、ブラックジェッソで周りを塗装しました。

全てのセクションは取り外しが可能になっています。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 2

hiro3

こんにちわ。2つもレイアウトを、保有できるとは凄いですね。

これだけの大きさがあれば、長い編成でもゆったりと走らせることができますね。写真を拝見するところを、見るとホーム有効長は、8両編成前後でしょうか。

異なる四季の風景を、1つのレイアウトに取り入れているのですが。全く、違和感がないところは流石です。

大分県の滝が、出てきてますが。舞台は、大分県日豊本線とかにしているのですか?
更なる、レイアウトの発展楽しみにしています。
by hiro3 (2018-06-07 10:31) 

TYPES

hiro3さん、nice及びコメントありがとうございます。
ホームは長い方が9両、短い方が7両入るようになっています。
セクションのつなぎ目は、なるべく違和感の無いシーナリーを選んだつもりですが、一部おかしな所もあります。
舞台は山陰地方のとある場所、といった設定なのです。なので瓦屋根の建物は全て石州瓦の色にしてそれっぽくしてあります。
by TYPES (2018-06-07 16:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。