So-net無料ブログ作成
車輌関係 ブログトップ

車両ケース改造法(備忘録) [車輌関係]

備忘録として、車両ケースに入る容量を8両から10両に増やす方法を記しておきます。
車両セットはたまにしか買わないので、いざやろうとすると忘れてしまいますからね。

例ではトミックス製ケースを使用していますが、KATO製ケースでも同様です。

casekai1_mini.JPG
①まず中敷ウレタンを取り出し、写真の様に左端を5㎜幅にカットします。
黄色い線がカットラインです。切り出しは大きめのカッターが良いでしょう。
casekai2_mini.JPG
②次に写真の様に車体妻面部分のウレタンをカットします。
casekai3_mini.JPG
③①でカットした幅5㎜のウレタンをケース左端に貼り付けます。貼付はシリル化ウレタン樹脂系接着剤(例:コニシウルトラ多用途ボンドSU)や合成ゴム系接着剤(例:ボンドGクリヤー)等が良いでしょう。
次に、右図のように車輪と天井の間の部分のウレタンをカットします。同時に一番上の部分のウレタンもカットしておきます。
casekai4_mini.JPG
④左図:③でカットしたウレタンです。これを右図のように貼り付けて行きます。上端に③でカットした一番上の部分のウレタンを貼り付けます。
casekai5_mini.JPG
⑤このままでは左図のように一番下の部分が足りないため、右図のようにウレタンをカットし、貼り付けます。
casekai6_mini.JPG
⑥最後に、縦に2両収まる部分にウレタンを貼り付けて、完成です。

作例では8両用の中敷を使用していますが、7両・6両用でも同様に作製が可能です。
※現在では10両用車両ケースがトミックスとKATOから販売されています。なのでこの作業も少なくなるかもしれませんね。


追伸:KATOのななつ星、ネットで3万以下であったので予約してしまいました。
すでに予約を締め切った店もちらほらあるようです。
7月には車検、そして8月には旅行と出費が多い中、この時点での出費は痛い・・・
出費ラッシュが止まりません(泣)。


お付き合い、ありがとうございました。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青大将の整備 [車輌関係]

KATO EF58 青大将と特急はと基本・増結・マイ38・2両セットです。
このカラーリングは1956年(S31)から1960年(S35)の約4年間と短命でした。

KATOホームページの再生産情報を見て、一目見て気に入り、予約購入しました。
まずは、すでに整備済みのEF58青大将から。

aodaisho1_mini.JPG
全長約140㎜とかなり長いです。重量感がありますね。
ホイッスルカバー付きの47号機にしました。青大将塗装時には47号機はホイッスルカバーは無かったようですが、模型の世界なので気にしません。

aodaisho2_mini.JPG
続いて、特急はと。カプラーはジャンパ栓付きKATOカプラーが標準装備なので交換不要です。
淡緑色がいい感じです。
行き先表示シールが付いてますので、これを貼り付けます。
aodaisho3_mini.JPG
が、シールが小さい!切るだけでも大変なのに、貼付は苦行に近いです。モデラーとしての信仰心が試されているかのようです。
KATOさん、等級標記と号車番号だけでも印刷にしてほしかったです。

aodaisho4_mini.JPG
そんな苦行?を乗り越え、何とか貼り付けました。
いよいよ入線です。
aodaisho5_mini.JPG
見辛いですが、入線準備線に14両ぎりぎり収まっています。

流石KATO、動きは抜群です。スローも利きます。

aodaisho6_mini.JPG
フル規格レイアウトといえども、やはり14両は長すぎるようです。あっという間に1周してしまいます。増結のマイ2両を抜いて12両編成にするか、7両7両の2編成で組むのも面白いかもしれません。

余談ですが、KATOからななつ星が発売されるそうです。
九州住まいの私としては、これは欲しいと思いました。しかし値段が・・・
じっくり考えて決めたいと思います。

お付き合い、ありがとうございました。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

誕生日プレゼント [車輌関係]

母から誕生日プレゼントを頂きました。母の日+母の誕生日プレゼントを贈ったお返しです。
実は先日(6/9)が私の誕生日だったのですが、諸所の事情で紹介が遅れました。

present1_mini.JPG
9113 トミックス ED79 0番台 シングルアームバージョンです。下は抱き合わせで購入したKATOカプラーです。
実車は北海道新幹線の建設で既に廃止されてしまいましたね。

まずは各パーツの取り付けをします。

ed79-1_mini.JPG
ナンバー・信号炎管・ホイッスル・手すりを取り付けました。
久々の取り付けで、かなり苦労しました。
1度開封して、試運転しましたが、本格的に走らせてみます。

1エンドと2エンドでパンタグラフが異なるのが特徴的ですね。

はまなす青森駅ED79-14_mini.JPG
5年前にはまなすに乗った時の写真です。カマが写っている写真はこれしかありませんでした。
その時の牽引機を再現したかったのですが14号機は残念ながら設定が無かったので13号機にしました。

トミックスのはまなすに繋げました。出発進行! あれ?なんか変。


ed79-2_mini.JPG
客車のカプラーが違っていました。

ed79-3_mini.JPG
急遽KATOカプラーJPに換装。無加工(物によってはカプラーポケットの小加工)で取り付けられます。

ed79-4_mini.JPG
改めて出発!動きはなかなか良いです。

ed79-5_mini.JPG
滝で小休止。このアングルが好きです。



今まではまなすに牽かせるカマが無かったのですが、これで思う存分走らせる事が出来るようになりました。

お付き合い、ありがとうございました。



nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

31系 車両ケース改造中 [車輌関係]

約束どおり、先日の続きです。

ウレタンを切って、貼り付けていきます。
oha31-9-1_mini.JPG

貼り付けました。接着剤が乾いたので車両を入れてみます。
oha31-9-2_mini.JPG
見た目はあまりよくないのですが、綺麗に収まりました。
私は他の車両ケースも同様に、ウレタンを切り継いで10両収まるように加工をしています。

case_mini.JPG
改造例です。左が横8両+縦2両バージョン、右が縦10両バージョンです。

casehyoshi1_mini.JPG
表紙です。エクセルで作成したものを印刷し、挟んでいます。
車両は編成・種類ごとに分類しており、例えばAは貨車、Bは客車、Cは電車・・・という風に分類しています。

casehyoshi2_mini.JPG
車両ケースの収納場所です。ミニレイアウト下の棚に横向きに収納しています。
そろそろ一杯なので、新たな収納場所を考えないといけませんね。

お付き合い、ありがとうございました。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO 31系客車と車両ケース [車輌関係]

昨日はまだ途中の記事を公開してしまいました。
閲覧してしまった方、申し訳ありませんでした。

気を取り直して、本題です。
oha31-1_mini.JPG
KATO 31系客車オハ31・オロ30・オハニ30です。
1965年から販売が続けられているKATOのロングセラーですね。

少し前にヤフオクで5両セットを3,500円で落札しました。


まずはカプラー交換から・・・
oha31-2_mini.JPG
KATOカプラーN JPに交換。

当鉄道では機関車はアーノルドカプラーなので、機関車と繋がる部分はアーノルドのままにしておきます。

31系客車は120㎜と短いのですが、我がミニレイアウトではホームに5両も入らないので、編成を分断します。

○ア・オハニ30・J + J・オハ31・ア

○ア・オハ31・J + J・オロ30・J + J・オロ30・ア

この2つの編成で行きます。アはアーノルドカプラー、JはKATOカプラーです。

我がレイアウトで試運転。C11+オハニ+オハの客車2両です。
oha31-5_mini.JPG
車長が短いので、R140のカーブでも楽に通過します。

oha31-6_mini.JPG
続いて新レイアウトで運転。C11+客車5両のフル編成です。
右の写真部分(滝と鉄橋の両端です)は3%の勾配がついていますが、上り勾配で止まってしまうことがあります。

31系客車にはC11が一番似合うと思っています。もう1台C11が欲しくなりますね。

さて、この5両とC11を車両ケースに収めるのですが、ケースは青大将14両セットと共用にします。
oha31-7_mini.JPG
車両ケースはすでに10両が収まるように改造してあるのですが、このままだと6両は収まらないので・・・
oha31-8_mini.JPG
このようにウレタンを切り継いで、収まるように改造します。
と、ここで今日は時間切れ。続きは明日報告します。


お付き合い、ありがとうございました。



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トミックス C11真岡鐵道 [車輌関係]

トミックス C11 真岡鐵道仕様です。

c11mooka1_mini.JPG

半年前に購入したのですが、このC11、ネットではあまり評判がよろしくない様で、、当たり外れが激しく、始動時のカチカチ音、集電不良等、残念な仕上がりと知りました。
ディテールは良いんですがね~

先日、久々に運転してみたのですが、集電が悪いのか、指で押さないと走ってくれず、ついには指で押しても動かなくなってしまいました。
残念ながら私の購入したものは外れでした。

そこで、こちらのお店で点検を・・・

kisha-club_mini.JPG
汽車倶楽部というお店です。福岡では有名なお店ですね。

ショップURL:http://www.kisyaclub.gr.jp/kisya_20120401b/kisya_model_main.html
注油、集電台車の微調整を行う事約30分・・・

何とか動くようになりました。
がしかし、始動時のカチカチ音、低速運転の悪さは如何ともしがたく、完璧に調整するなら全バラ再調整か、メーカーに持ち込みと店主に言われました。それなら新車が1台買えますよね。

こんな事ならKATOにしておけばよかったなと後悔。

c11mooka2_mini.JPG
しかし、何とか動かせるようになったので早速我がレイアウトで試運転。
スハフ42を繋いでいざ出発!

c11mooka3_mini.JPG
難所のS字ポイント部分でも脱線しません。

c11mooka4_mini.JPG
続いてスハフ42+スハ43の2両編成。
やはり難所のS字ポイントを通過しました。

とはいえ、ミニカーブでは不安定なのは事実。S字ポイント部分の運転は控えた方がよいと判断。
脱線が怖いので、当分は円形エンドレス部分の運転のみと決めました。

こんな出来事から、最近トミックスへの信頼度が日増しに下がってゆく私でした。

最後に汽車倶楽部の店主さん、この度はありがとうございました。

愚痴にお付き合い、ありがとうございました。





nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
車輌関係 ブログトップ