So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

なは・あかつき室内灯 [室内灯]

室内灯ユニットのストックがかなり溜まったので、室内灯取り付けの続きを行います。

寝台特急なは・あかつきに室内灯を取り付けます。


オハ14レガートシート車輌から取り付けます。

この車輌はテールライトがあるので、まずテールライト部分の集電板を銅板に変えます。

前回まではウェイトを切断して銅板を取り付けていましたが、ウェイトの切断が面倒なので・・・

dennahatsuki1.JPG
このように35㎜長さに切断した銅板をウェイトの間に挟み、銅板を折り返します。

dennahatsuki2.JPG
折り返した後、テールライトユニットを元に戻し、端子を半田付けします。

dennahatsuki3.JPG
ボディ屋根のくぼみを画用紙で埋めた後、室内灯ユニットを屋根裏に貼り付けます。

dennahatsuki4.JPG
仮組みの際にボディと座席パーツが干渉する部分があったので、座席パーツ端部を切り取ります。

dennahatsuki5.JPG
座席パーツをはめ込み、銅板をウェイトの間に挟みこみます。

挟み込んだ後台枠パーツをはめ込んで、台車を元に戻して完成。

dennahatsuki6.jpg
残りの車輌も組み込んで終了です。

それでは運転の様子です。



お付き合い、ありがとうございました。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室内灯ユニット量産 [室内灯]

前回室内の塗装が完了したなは・あかつきに室内灯を付ける予定でしたが、手持ちのテープLEDが2両分だけになってしまったので新たにテープLEDを購入しました。

stryosan1.jpg
前回同様5メートルの30連白色LEDを2つ購入しました。
単純計算で100両分なので、しばらくは購入の必要は無いでしょう。


このテープLEDは表面にシリコンが貼ってありますので、それを剥がします。

stryosan2.jpg


stryosan4.jpg
シリコンを剥がすのは結構手間が掛かるので出来ればやりたくないのですが、剥がないままだと上の画像のようにかなり青っぽく光るので剥がさざるをえません。

stryosan3.jpg
剥いでいる途中で、3つほどLEDを破損させてしまいました。

stryosan5.jpg
1時間半ほど格闘して、何とかシリコンを剥ぎました。

シリコンを剥いだテープLEDを100㎜長さに切断しました。


いよいよ室内灯ユニットの量産開始です。

いつものように5㎜幅×50㎜の長さに銅板を切って、ブリッジダイオードに半田付けし、半田付けしたものをテープLEDに半田付けして完成。

stryosan6.jpg
今回は室内灯未取付のトミックス製車輌44両分を作成しました。

これでなは・あかつきに室内灯を付ける準備ができました。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夕顔の種蒔き [その他雑談]

私の部屋は西日が差し込む方角に窓があるので、何もしていないと夏場は非常に暑くなります。

そこで7~8年前から毎年この時期に朝顔と夕顔を植え、日陰になるようにしています。


今年も時期が来たので、夕顔の種蒔きを行いました。

yugao2019-1.jpg
部屋の前のプランターです。
スーパーで頂いた発泡スチロールをプランター代わりに使っています。

正月に去年の夕顔を撤去して以来放置していたので草がぼうぼうです。

yugao2019-2.jpg
雑草を除草しました。

yugao2019-3.jpg
竹棒で棚を設置し、網を付けて種まきの準備が完了。

yugao2019-4.jpg
部屋の隣の花壇にも棚を設置しました。

種を蒔きます。

yugao2019-5.jpg
去年の秋に収穫して保存しておいた種です。

yugao2019-6.jpg
殻をむくと、種が2~4個出てきます。

出来るだけ白に近い色の種をまきます。

画像右のようにカビの生えたものや、茶色に変色しているものは植えても芽が出ないので外します。
とりあえず200個ほど種を取り出しましたが、カビが生えた種が多く使えるのは半分ほどでした。

yugao2019-7.jpg
1つのプランターに等間隔に20粒程度蒔きます。
隣の花壇にも30粒程蒔きました。

yugao2019-8.jpg
土を薄くかぶせ、水を撒いて終了。

大体2~3週間ほどで芽が出ます。
芽が出るのが楽しみです。

残りのプランターには朝顔の苗を植える予定です。

※余談
約4か月ぶりに散髪をしました。
場所はいつもお世話になっているチョモヘアーです。

chomo1-1.jpg

chomo1-2.jpg
個性的な張り紙がある店ですが、今日の張り紙はこんな張り紙でした。


前髪カット5円の看板をよく見ると…

chomo1-3.jpg
5と円の間に「万」が小さく入っていました。

高すぎですよ、店長!


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なは・あかつき内装塗装2 [車輌関係]

なは・あかつき内装塗装続きです。
今回は相棒のなは5両を塗装します。

早速分解しました。

nahatsuki2-1.jpg
電源車の発電機が再現されています。

発電機の細かな色は分からなかったので、発電機本体は塗装せず床部分のみを塗装します。

それでは塗装を始めます。

nahatsuki2-2.jpg
ホワイトサーフェイサーを下塗りして、床と壁を塗装します。

分解の途中で、オハネフ25B寝台車のテールライトのパーツを無くしてしまいました。

nahatsuki2-3.jpg
どうしようかと悩んだ結果、KATOのウォーターエフェクトをレンズ部分に塗る方法を思いつきました。

ウォーターエフェクトをレンズ部分に塗ってクリアーレッドを色差しして完成。

実際にテールライトが光る車輌ではないので、これで十分です。

nahatsuki2-4.jpg
内装塗装後、あかつき同様デュエットとソロの部屋にドアを貼り付けて完成。

nahatsuki2-5.jpg
オハネフ25B寝台デュエット・スハネ25B寝台ソロ

nahatsuki2-6.jpg
オハネ25開放B寝台・オハネフ25開放B寝台・カニ24電源車

次回は室内灯を取り付けます。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なは・あかつき内装塗装1 [車輌関係]

再び車輌の整備に戻ります。
今回のターゲットはトミックス さよならなは・あかつき14両セットです。

nahatsuki1-1.jpg
なは5両・あかつき6両に加え、EF66、EF81、ED76が3両の計14両です。

nahatsuki1-2.jpg
限定セット附属の冊子です。
なは・あかつきの歴史や上り最終列車乗車記、最終列車の編成等が記載されています。

実車は2008年3月にはやぶさ・富士より一足先に廃止されました。
座席車『レガートシート』富士・はやぶさより豪華なA寝台『シングルデラックス』B寝台『ソロ』『デュエット』等個性的な寝台が多く連結されていて魅力的な編成だったのですが、時代の流れには逆らえませんでした。

nahatsuki1-3.jpg
機関車3両です。

ED76とEF81のモデルは最終上り列車の92号及び411号ですが、前回のはやぶさ富士と番号が被るので違う番号にしています。

それでは本題です。

今回はあかつき6両を塗装します。

車輌を分解します。
前回のはやぶさ富士同様内装の作り込みが向上しています。

nahatsukinuriwake.jpg
色見本です。

開放B寝台の寝台の色がオレンジと黒の2種類に塗られていたので調べてみると、はやぶさ・富士同様2種類の塗り分けが有ったのでそれに倣って塗り分けます。

nahatsuki1-4.jpg
サーフェイーサーで下地塗装をします。

nahatsuki1-5.jpg
床・壁部分を塗装します。
個室の床部分はかなり狭いので塗りにくいです。

nahatsuki1-6.jpg
続いて椅子、寝台部分を塗装します。

レガートシートは座席が分かれており、座席数も多いので塗り分けには苦労しました。

その他の椅子は基本的に座席カバーが無いので塗り分けは楽でした。

nahatsuki1-7.jpg
印刷しておいた個室客室ドアを貼り付けて、完成です。
一旦車輌を元に組み直します。

nahatsuki1-8.jpg
オハ14レガートシート・スハネフ15開放B寝台

nahatsuki1-9.jpg
オハネ15B寝台ソロ・オハネ14Bツイン

nahatsuki1-10.jpg
オロネ14Aシングルデラックス・スハネフ15開放B寝台

いずれ室内灯を取り付けるのでそのままにしておいても良いのですが、完成イメージの確認のため車輌を組み直しました。

次回はなはの5両を塗装します。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニレイアウトにも人形を [レイアウト制作]

ミニレイアウトの小橋支線に人形を設置します。

レイアウトの奥側から設置します。

まずは機関区から。

トミックスの鉄道員の残りを使います。

ningyomini1.jpg
石炭置き場に1体、レール付近に2体設置しました。

次は駅前です。

ningyomini2.jpg
駅前に2体設置しました。

続いて駅ホームです。

ningyomini3.jpg
駅舎側のホームに8体ほど設置。

ningyomini4.jpg
反対側のホームにも同じく8体ほど設置しました。

ningyomini5.jpg
フルスクラッチの民家には若夫婦の人形を設置しました。

ningyomini6.jpg


最後にKATOの駅員を設置しました。例によって駅員の配置は適当です。


これで小橋支線の方も人形が設置されてにぎやかになりました。

久しぶりにミニレイアウトでの運転の様子です。


お付き合い、ありがとうございました。



nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

人形を設置 [レイアウト制作]

ある程度まとまった数の人形が出来たので、人形をレイアウトに設置します。

まずはホームから設置します。

奥の3・4番ホームから取り付けています。

ningyosetchi1-1.jpg
使用する人形は、前回作成した人形の他、KATOの駅員も使用します。

ningyosetchi1-2.jpg
続いて1・2番ホームに取り付けます。

取り付けが終わったら、上屋を固定して、架線柱を元に戻して完成です。

ningyosetchi1-3.jpg
ホームには60体ほど設置しました。
もう少し少ないほうが雰囲気としては良かったのですが、気づいたらかなり多く設置してしまいました。

駅員の配置は一応それらしい場所に設置しています。

ningyosetchi1-4.jpg

ningyosetchi1-5.jpg
大阪のおばちゃんやウォーリーもいます。


駅入口、駅前の商店の中にも設置しました。

ningyosetchi1-6.jpg
駅入口です。ヤンキーカップルが入口にいます。

ningyosetchi1-7.jpg
駅前商店です。喫茶店内、魚屋、八百屋店先に設置しました。

ningyosetchi1-8.jpg
夏セクションの公園にも人形を設置。

続いて冬セクションです。

ningyosetchi1-9.jpg

ningyosetchi1-10.jpg
まず牧場に馬を6匹設置。

ningyosetchi1-11.jpg
近郊住宅の縁側に老夫婦、牧場農家に若夫婦を設置しました。

最後に春セクションです。

ningyosetchi1-12.jpg
ここは機関区がメインなのでトミックスの鉄道員を設置します。

ningyosetchi1-13.jpg
給炭場、機関庫付近に鉄道員を設置しました。

これで愚麗鉄道に賑わいが出てきました。

次回はミニレイアウトの小橋支線に人形を設置します。

お付き合い、ありがとうございました。



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Windows10PC購入 [その他雑談]

すっかり春ですね。
家の近くの桜もほぼ満開です。

2019sakura1.jpg

2019sakura2.jpg

2019sweetpea1.jpg
今年の初めに花壇に植えたスイートピーも順調に成長しています。

新元号も今日発表されますね。どんな元号になるのか注目です。

本題です。

来年1月でWindows7のサポートが終了するので、そろそ新OSに移行しなければと思いWindows10のPCを導入しました。

newpc1.jpg
HP Probook 4540sです。
19,000円で購入した中古PCです。

基本スペックです。

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-3210M 2.50GHz
メモリ:4GB
ハードディスク:500GB
ドライブ:DVDマルチ
USBポート:×4
ワイヤレスLAN・HDMI端子・テンキー付
画面:15 インチ ワイド液晶


早速電源を入れ、カスタマイズ開始。

newpc2.jpg
初めてのWin10ですが、とにかく使いにくい!
コントロールパネルを探すのも一苦労という体たらく。

悪戦苦闘しながらも、前のPCからデータを移行し、必要なソフトをインストール。

約4時間ほどで何とか使用可能なレベルまでカスタマイズ完了。

newpc3.jpg
壁紙も以前と同じものに変更しました。

newpc4.jpg
エクセルはしばらくはExcelOnlineで代用します。
将来的にはインストール版のエクセルの導入も視野に入れています。

以前のWin7がとても使いやすかったので、Win10は使いにくい印象がありますが、とにかく使って慣れるしかないですね。


お付き合い、ありがとうございました。
nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

門司港周辺散策(後編) [旅行]

門司港駅周辺散策 後編です。

九州鉄道記念館を出た後、門司港レトロ観光列車潮風号に乗車します。

この潮風号は平成筑豊鉄道が運営している観光列車で、2005年まで門司港駅から田浦港まで伸びていた旧貨物線を利用し、2009年に運行が開始されました。

九州鉄道記念館駅から関門海峡めかり駅間2.1キロを最高時速約15キロ、約10分掛けて走る日本一遅い観光列車です。(添乗ガイドの話より。)

潮風号ホームページ:http://www.retro-line.net/

運行期間は3月始めから11月末までです。

mojiko2-1.jpg
出発駅のです。その名のとおり九州鉄道記念館に隣接しています。


運行車輌です。

mojiko2-2.jpg
機関車:DB10型ディーゼル機関車

2006年11月まで南阿蘇鉄道で運行されていた機関車だそうです。

mojiko2-3.jpg
客車
トラ70000型貨車を改造したトロッコ車輌です。

機関車+客車+客車+機関車の4両プッシュプル編成で運転されていて、終着駅での機回しが不要な運行形態になっています。

10:40分出発。

途中、「出光美術館駅」、「ノーフォーク広場駅」を経由し、終点の関門海峡めかり駅へと向かいます。

mojiko2-4.jpg
関門橋が見えました。

mojiko2-5.jpg
途中のトンネル内では天井のイルミネーションが点灯します。
なかなか粋な演出ですね。

mojiko2-6.jpg
終点の関門海峡めかり駅に到着。

mojiko2-7.jpg

mojiko2-8.jpg
駅前にEF30のトップナンバー1号機と茶色のオハフ33 488号客車が展示されていました。

mojiko2-9.jpg
オハフ33 488号の車内です。
潮風号運行時には休憩スペースとして開放されています。
開放中は飲み物が売られています。


折り返しの海峡号に乗って九州鉄道記念館駅に戻ってきました。

潮風号の前面展望動画です。
出発から終点まで約10分と長い動画ですが、宜しければご笑覧ください。



この後周辺を散策したり、お土産を買ったりしました。

mojiko2-10.jpg
旧門司三井倶楽部

mojiko2-11.jpg
屋上に展望台のあるマンション

mojiko2-12.jpg
旧大阪商船

mojiko2-13.jpg
散策後、王様のたまごという焼カレー中心のお店で昼食を食べ、帰路に着きました。

mojiko2-14.jpg
この店から2件ほど離れた右隣にはロバート秋山さんの父が経営するハングリーズというハンバーガー店がありました。

この店は最近ヒルナンデスに出ていましたね。
今回は都合で寄れませんでしたが、いつか行ってみたいですね。

mojiko2-15.jpg
門司港で買ったお土産です。
気づいたらかなりの量のお土産を買ってしまいました。


お付き合い、ありがとうございました。
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

門司港周辺散策(前編) [旅行]

3月23日(土)に、門司港駅へ行ってきました。

門司港駅は1891年4月1日に初代駅舎が建てられ、1914年に現在の2代目の駅舎が完成しました。

国の重要文化財に指定されている大変有名な駅舎です。

老朽化のため2012年から復原工事が行われていましたが、このほど復原工事が終わり、2019年3月10日にリニューアルオープンしました。

門司港駅には5年前に1度訪れたことがありますが、その時はちょうど工事中で駅舎はカバーで覆われていて、駅舎を拝むことは出来ませんでした。

直方駅より8:06分発門司港行き普通列車で出発し、9:19分門司港駅に到着。

mojiko1-1.jpg
行灯式駅名標

mojiko1-2.jpg
0マイル標識

mojiko1-3.jpg
駅舎内部

mojiko1-4.jpg
関門海峡連絡船通路跡

mojiko1-5.jpg
駅舎外観

流石国の重要文化財に指定されているとあって、堂々とした佇まいです。

九州鉄道記念館に向かいます。

mojiko1-6.jpg
九州鉄道記念館です。門司港駅から歩いてすぐのところにあります。
入口左には機関車のカットモデルがありました。

入館料を支払い中に入ります。
通常の料金は大人300円ですが、JR帰りの切符を提示すると240円になります。

中へ入ると、九州各地で活躍した歴代の車両がお出迎え。

mojiko1-7.jpg
日本国有鉄道 59634号

mojiko1-8.jpg
日本国有鉄道 C59 1号

mojiko1-9.jpg
日本国有鉄道 EF10 35号

mojiko1-10.jpg
日本国有鉄道 ED72 1号

mojiko1-11.jpg
日本国有鉄道 キハ07 41号

mojiko1-12.jpg
日本国有鉄道 クハ481 603号

mojiko1-13.jpg
日本国有鉄道 クハネ 581 8号

mojiko1-14.jpg
14系寝台客車

館内へと向かいます。

mojiko1-15.jpg
九州鉄道 チブ37号木造客車
1909年に製造、九州鉄道で活躍後大分の耶馬溪鉄道に譲渡され、1971年まで活躍していました。

館内にはHOゲージの巨大なレイアウトがあり、ちょうど運転の時間が近づいていました。

レイアウトの運転の様子です。


mojiko1-16.jpg
一通り見学が終わったら、次は屋外のミニ鉄道公園へ向かいます。

ここにはレール幅450ミリのミニ列車が5両あり、列車に乗ることが出来ます。

軽便鉄道と庭園鉄道の中間のような感じですが、しっかりとバラスとが撒かれ、信号設備も整っておりかなり本格的です。

早速料金300円を支払い乗車。

ミニ電車の前面展望動画です。(音声はありません)


かなりゆっくりとしたスピードで、2分ほど掛けて場内を1周しました。


この後トロッコ列車の潮風号に乗車します。

後編に続きます。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -