So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ニコイチでオハフ30を作る1 [車輌関係]

ヤフオクで購入しておいたオハニ30と、既に入線済みのオハ31をニコイチで改造して、オハフ30を作ります。

KATOのオハ31系客車にはなぜか車掌室付のオハフ30はラインナップされていません。

ネットでオハ31系の電飾方法を調べていると、オハニ30とオハ31を組み合わせてオハ30に改造する記事があったので、それを参考に作成していきます。

ohafu30-1-1.jpg
種車のオハニ30です。
カプラーは既にKATOカプラーが装着されていました。

早速作成開始です。

ohafu30-1-2.jpg
上がオハ31・下がオハニ30です。
画像の線の部分で切断します。

ohafu30-1-3.jpg
切断には薄刃ののこぎりを使います。
切断しました。

ohafu30-1-4.jpg
切断面をやすり掛けします。
粗磨きに#80、#150、仕上げに#1000の紙やすりの外、リューターも使います。

やすり掛けしては部品を合わせるの繰り返し後、10分ほど削ってようやく完成。

ohafu30-1-5.jpg
部品を合わせてみました。
接合部分が少し目立ちますが、後でボディ色を塗って目立たなくします。


妻面の貫通ドアを作ります。

ohafu30-1-6.jpg
以前のオハニ30の時と同様に厚紙に写したドアを切って、自作のぶどう色2号で塗装します。

塗装後妻面裏側に貼り付けて完成。

アップするとやはり粗が目立ちますが、遠目で見れば分からないのでこれで良しとします。

台車側を改造します。

ohafu30-1-7.jpg
台車に集電シューとビス止め固定用の穴を開け、ボディにビス止め用のナットを瞬間接着剤で接着しました。

ohafu30-1-8.jpg
テールライトを作成します。
先ほど貫通扉を付けた妻面に冶具を当てて1㎜径のピンバイスで穴を開け、ウォーターエフェクトで穴を埋めた後クリヤーレッドで色差しして完成。

ここで時間切れ。
次回に続きます。

★余談

2019kadan5-1.jpg
夕顔が咲き始めました。
例年より2週間ほど遅いですが、無事に咲いてほっとしました。

2019kadan5-2.jpg
朝顔です。
長引いた梅雨の影響か今年は出来が悪く、7月10日ごろからパタッと咲かなくなりました。

先日ようやく上の方の朝顔が咲き始めました。

2019kadan5-3.jpg
しかし肝心の中段部分には蕾が見られず、今年は葉っぱだけの寂しい朝顔になりそうです。

★お知らせ
所用によりブログ更新を1週間ほどお休みさせていただきますので、ご了承ください。
次回の更新は8/20日以降の予定です。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハ31系室内灯3 [室内灯]

オハ31系客車室内灯作成 その3です。
残りのオロ30とオハ31計3両に室内灯を取り付けます。

集電シューを作ります。

denoha31-3-1.jpg
洋白線を設計図の通り折り曲げて、3両分計12個作りました。

denoha31-3-2.jpg
台車に取り付けました。

次は台車の改造です。

denoha31-3-3.jpg
集電シューが接触する部分に穴を開けました。

写真はありませんが、この時点でビス止めの為の穴を台車とボディに2箇所開けています。

集電板を作成します。

denoha31-3-4.jpg
90㎜×2㎜幅に切った銅板と65㎜×7㎜幅に切った板オモリを台車に貼り付けます。
板オモリにはショート防止の為絶縁テープを貼っています。

denoha31-3-5.jpg
室内灯ユニットを3つ作り、ボディ裏に開けた穴に挿し込みます。


室内灯ユニットの集電板と台車の集電板を半田付けします。
denoha31-3-6.jpg

ボディを組んでビス止めし、室内灯ユニットを両面テープで屋根に取り付けます。
denoha31-3-7.jpg

denoha31-3-8.jpg


室内灯の組み込みが終わりました。

最後にオロ30の番号を電動消しゴムで消して、インレタで貼り換えます。

denoha31-3-9.jpg
モデルの車両は実車は2両しか生産されなかったので、1番と2番にしました。


それでは運転の様子です。



お付き合い、ありがとうございました。
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハ31系室内灯2 [室内灯]

オハ31系客車室内灯の続きです。

テールライトが出来上がったばかりのオハニ30に取り付けます。

前の記事でも触れましたが、この車輌は基本設計が古いままなので、室内灯を設置できる構造にはなっていません。

そんな訳で取り付けの段階で集電方法にかなり悩みましたが、ボディに穴を開け、そこに室内灯ユニットの集電板を挿し込んで集電する方法を取りました。

denoha31-2-1.jpg
まず、ボディをひっくり返し、丸印の部分に穴を開けました。
この穴が集電板を通す穴になります。

denoha31-2-2.jpg
集電板がウェイトに触れないように、ウェイトに絶縁テープを貼りました。

denoha31-2-3.jpg
いつものKATO式の室内灯ユニットを作成します。
ユニットは黄色マスキングテープで電球色を表現しています。

denoha31-2-4.jpg
画像のように集電板をボディに開けた穴に挿し込みます。

denoha31-2-5.jpg
ボディをひっくり返して、両面テープで集電板を固定し、集電板を半分、更にもう半分計3回折り曲げます。

車体を仮組みして完成です。

denoha31-2-6.jpg
点灯テストです。無事に点灯しました。

denoha31-2-7.jpg
屋根を取り付ける前に、光漏れ対策に屋根裏と丸印の部分にアルミテープを貼りました。

屋根をはめ込んで完成です。

denoha31-2-8.jpg
点灯の様子です。
室内灯ユニットは屋根に貼り付けていませんが、正面からは見えません。

denoha31-2-9.jpg夜間時。
屋根とボディの隙間からわずかに光が漏れていますが、許容範囲でしょう。

次回は残りの車両に室内灯を取り付けます。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハ31系室内灯1 [室内灯]

夏本番、すっかり暑くなりました。

こんな暑い日にはカルコークで一息つきます。

カルコークとは、主に九州で親しまれている飲料で、カルピスをコーラで割ったものです。
長崎が発祥だといわれています。

★用意するもの
〇カルピス
〇コーラ
〇レモン(お好みで)

作り方は簡単です。

calcoke1.jpg


calcoke2.jpg
まずカルピスをグラスの1/3くらいの位置まで注ぎ、続いてコーラを入れます。

calcoke3.jpg
レモンを飾って完成です。

早速飲んでみます。
コーラとカルピスの酸味が程よくマッチして、暑い季節にはピッタリです。

お好みでサクランボやアイスクリームを浮かべてみるのもいいですね。

本題です。
オハ31系客車に室内灯を取り付けます。

この車輌は長らくフルモデルチェンジが行われていないようで、集電板・集電シューは附属していません。
恐らく登場時からほぼ変わらない設計だと思います。

denoha31-1-1.jpg
台車を見ると、集電シューを通す穴はあるので、集電シューを自作すれば集電は出来そうです。

そこで集電板と集電シューを自作します。

denoha31-1-2.jpg
まず、台車の集電シューを通す穴に沿って錐で罫書き、罫書いた線に沿って1㎜径ピンバイスで穴を数箇所開けた後穴を繋げます。

denoha31-1-3.jpg
穴空けが終了しました。

真ん中の2つの穴は台枠とボディをビス止めする為に開けた穴です。
台枠の爪を曲げただけでははめ込みが不安だったので、急遽追加工作しました。

集電シューを作ります。

denoha31-1-5.jpg

0.3㎜洋白線をハンガーのように曲げます。

denoha31-1-6.jpg
試作品が完成しました。

denoha31-1-7.jpg
もう1つ作って、台車に装着しました。

次に集電板とウェイトを取り付けます。

denoha31-1-4.jpg
85㎜長さ×2㎜幅に切った銅板を両端に、ウェイト代わりに7㎜幅に切った鉛製の板オモリ(t0.25)を中央に貼り付けました。

denoha31-1-8.jpg
通電確認です。
無事に点灯しました。
集電シューは試作品の通りで良さそうだったので、もう2つ作ってもう片方の台車に取り付けました。

denoha31-1-9.jpg
集電シューの形を紙に転写しておきました。

今日はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハニ30のテールライト [室内灯]

オハニ30にテールライトを取り付けます。

今回使用する材料です。

denoha31tail1.jpg
上:3㎜砲弾型20mALED
中:15mACRD(型番E-153)
下1000V-1A:整流ダイオード(型番1N4007)

CRDは流す電流を調整する働きがあり、例えば15mAなら最大15mAまでしか流れないようになります。
更に言うと、これでLEDの明るさを調整でき、明るすぎる場合は10mAや5mAを使用します。

今回は試作的な要素もあるので15mAを使用します。

整流ダイオードは電気の流れる向きを一定方向にし、電気が逆流するのを防ぎます。

zumenhead&tail.jpg
配線図です。
この図の通り作成していきます。

denoha31tail2.jpg
まずLEDのアノード側の脚とCRDの脚をJの字に曲げて、脚を絡ませてペンチでカシめ、半田付けします。

同様に、反対側のカソード脚と整流ダイオードの脚を折り曲げ、半田付けします。

各パーツの向きを間違えると点灯しなくなるので、図面を確認しながら慎重に組み立てます。

半田付けが終わったら、余分な足を切断して完成です。

denoha31tail3.jpg
点灯確認です。
無事に点灯しました。

テールライトユニットを車内に取り付けます。

denoha31tail4.jpg
ユニットの脚を画像のように折り曲げます。
LEDにはクリヤーレッドを塗っておきます。

denoha31tail5.jpg
ボディの爪がはまる穴(画像丸部分)に脚を通し、集電板に脚が当たるように調整します。

台車側の爪は取り除いておきます。

denoha31tail6.jpg
レイアウトで点灯確認。
点灯はしましたが、予想通り盛大に光漏れしています。
画像では分かりにくいですが明るさは丁度いいようです。

遮光パーツを作ります。

denoha31tail7.jpg
テールライトユニットをボンドでボディに固定します。

denoha31tail8.jpg
厚紙で現物合わせで左画像のようなパーツを作りました。
表面をフラットアース、裏面をブラックで塗り、ボンドが乾いたらボディにはめ込みます。

denoha31tail9.jpg
完成しました。
遮光パーツはぎりぎり側面からは見えません。
遮光もしっかりと出来ています。この調子で室内灯も仕上げたいですね。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハニ30の改造2 [車輌関係]

オハニ30の車内改造 続きです。

テールライトのレンズを作ります。

ohani30-2-1.jpg
まず、透明プラ板で治具を作り、治具の穴に沿ってピンバイスで1㎜の穴を妻板に開けます。

穴をウォーターエフェクトで塞いで、クリヤーレッドを塗装して完了。

ohani30-2-2.jpg
近くで見ると粗が目立ちますが、とりあえずはこれで良しとします。

ohani30-2-3.jpg

ohani30-2-4.jpg
床・内壁をフラットアースで塗装後窓硝子を透明ボンドで接着し、厚紙で荷物室と客室、トイレの壁を作ります。

塗装まで完了しました。

車掌室と荷物室の間の壁はテールライトを自作する予定なので付けずにこのままにします。

ohani30-2-5.jpg
屋根をはめ込んでみると、後付した窓硝子と干渉して入らない箇所があったので、当たる部分をカットしました。

ohani30-2-6.jpg
更に純正の窓硝子を廃した事で、台枠とボディのはめ込みが緩くなったので台枠の6つの爪を内側に曲げました。

完成画像です。

ohani30-2-7.jpg

ohani30-2-8.jpg

ohani30-2-9.jpg

この後室内灯とテールライトを取り付ける予定です。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハニ30の改造1 [車輌関係]

前回途中で中断していたオハニ30の車内を改造します。

まず、妻板部分の貫通扉を厚紙で作成します。

画像を検索すると、乗降用の扉と同じ形だったので、それを基に厚紙に扉を転写します。

ohani30-1-1.jpg
切り抜き時の失敗を考え、3枚作りました。

ohani30-1-2.jpg
窓硝子部分を切り抜きます。

ohani30-1-3.jpg
細かい部分なので切抜きに苦労しましたが、何とか切り抜きました。

次にドアの立体感を表現します。

ohani30-1-4.jpg
まず切り抜いた窓の外枠にカッターで筋を入れ、厚紙を薄く剥がしていきます。
下の2つの四角も同様に剥がします。

ohani30-1-5.jpg
グレーのサーフェーサーを吹いて、ぶどう色2号で塗装後、塩ビ板を裏から貼って完成です。

ぶどう色2号は鉄道カラーを持っていないのでタミヤカラーのブラウン4:ハルレッド3:セミグロスブラック1の割合で調合した近似色を塗装しました。

ohani30-1-6.jpg
塩ビ板で窓硝子を新規に作成します。

純正の窓硝子は硝子保護棒の表現が無いので、保護棒を書き込みます。

ohani30-1-7.jpg
まず塩ビ板にマスキングテープを貼り、鉛筆で保護棒を書き込みます。

ohani30-1-8.jpg
逆さにした針をピンバイスに咥えさせ、フラットアースを針の先に少量付けながら線に沿って書き込んでいきます。

保護棒の線の太さが一定しておらず出来はあまり良くないですが無いよりはましですね。

ohani30-1-9.jpg
その他の窓もカットして、完成。
右画像の○で囲った窓は摺りガラス表現の為メンディングテープを貼っています。
この窓はトイレの窓になります。

ohani30-1-10.jpg純正の窓硝子を外すと屋根とボディを組む際にゆるゆるになってしまうので、屋根の爪が当たる部分に0.4㎜厚プラ板をボディに貼り付けました。

今日はここまでとします。
次回で完成の予定です。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

31系客車内装 [車輌関係]

KATO オハ31系客車の内装を塗装します。

oha31-1.jpg
この車輌はKATO最初期から販売されている超が付くほどのロングセラー製品で、大きなリニューアルも無く現在まで発売されている車輌です。

早速分解です。

オハ31系はKATOの一般的な車輌とは違って屋根から分解する方式ですが、これがなかなか厄介でした。

oha31-2.jpg
カッターを屋根とボディの間に挿し込み、細いマイナスドライバーで隙間を広げ、更に爪楊枝でその隙間を保持してどうにか屋根とボディを分解しました。

oha31-3.jpg
分解後、硝子を取り外し、台枠とボディを分離させて完了。

oha31-4.jpg
この硝子パーツもかなり堅く、マイナスドライバーで爪の部分をこじりながら少しずつ浮かせて何とか取り外しが出来ました。

oha31-5.jpg
分解が終わった所で塗装開始。

oha31-6.jpg
オハ31から塗装します。
座席の着座部分のみをタミヤカラーのグリーン4:+フラットホワイト1で、それ以外の床、壁、背もたれ、肘掛をフラットアースで塗装します。

続いてオロ30。
いざ塗装と行きたいのですが、内装の色が分からない!

オハ31は大宮の鉄道博物館に保存されていたのでその画像から判断できたのですが、オロ30の内装は資料が見つからず難儀。

結局完全な想像になりますが、座席部分をフラットブルー、それ以外の床、壁、背もたれ、肘掛をフラットアースで塗装する事にしました。

oha31-7.jpg
オハ、オロ共に塗装が終わりました。

あれ、残り1両は?

実は残りのオハニ30も途中まで塗装していたのですが、内部を色々改造したくなったので塗装を中断しました。

という訳でオハニ30の改造は次回に回します。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

未入線扱い [車輌関係]

当愚麗鉄道には現在439両の車両が在籍していますが、実は購入したものの未入線扱いになっている車輌があります。

今回はその車輌を紹介します。

minyusen1(ohani30).jpg
まずは、KATOオハニ30。

3ヶ月ほど前にヤフオクで購入。

これはオハ31とオハニ30の車体を切り継いで(いわゆるニコイチ)オハフ30を作る為に購入したものです。

入線車輌にカウントしてしまうと1両増えた事になりますがオハフ30を完成させるとプラマイゼロなのでカウントはしていません。

minyusen2(twi-ohane25).jpg
続いてトミックス オハネ25 トワイライトエクスプレスバージョン。


現在の編成は客車が9両しかなく、この車輌を加える事で本来のフル編成になります。
しかし全く手を付けていないので入線車輌にはカウントしませんでした。

minyusen3(oha-ohafu61).jpg
最後はグリーンマックス オハ61&オハフ61塗装済キットです。

これは随分前に購入していたのですが、未だ手付かずのままです。
車輌が完成していないので当然カウントは出来ませんね。

今回はこの内のオハネ25を軽く整備します。

まずは車輪を清掃します。

minyusenseibi1.jpg
かなり汚れが付着していました。

トワイライトエクスプレスロゴのインレタを車体に転写します。

minyusenseibi2.jpg
トワイライトのインレタです。
20年以上前に購入したセットに附属していたものです。
かなり昔のものなので、使えるかどうか分かりませんが一応やってみます。

minyusenseibi3.jpg
少しずれましたが、上手く転写が出来ました。

minyusenseibi4.jpg
今回購入したオハネ25は254番、既に在籍しているオハネ25も524番になっています。
この車両は編成を組んだ時に隣同士に連結されるので、同じ車番が隣同士では見栄えが悪いので車番を変更します。

minyusenseibi5.jpg
変更する車番の周りをマスキングテープで囲って、電動消しゴムで車番を削ります。

minyusenseibi6.jpg
綺麗に削れました。

削った部分に3番のインレタを転写します。

minyusenseibi7.jpg
434号が433号に変身しました。

インレタ部分の数字がはっきりとした白色なので元の印刷の車番に比べて目立ちますが、これで良しとします。


このままオハネの整備を続けてもいいのですが、先に手を加えたい車輌があるのでそちらを優先し、ひとまずオハネはこれで終了とします。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キハ58系室内灯 [室内灯]

キハ58系ディーゼルカー3両に室内灯を取り付けます。

まずは車体の構造を確認。

denkiha58-1.jpg
今回の車輌は車体の端から集電板を差し込むスペースは無さそうです。

denkiha58-2.jpg
しばらく考えた結果、既存の集電板と室内灯ユニットの集電板を半田付けすることにしました。

やや強引な取り付け方法ですが、確実な通電は見込めます。

denkiha58-3.jpg
点灯確認です。しっかりと点灯しました。

点灯が確認できたので、室内灯の取り付けに移ります。

denkiha58-4.jpg
ボディ天井裏の段差を厚紙で埋めます。

denkiha58-5.jpg
埋め終わったら、アルミテープを天井裏に貼り付け、車体を組みます。

キハ58(モーターなし)が完成しました。
同様の方法でキハ28も取り付け完了。

残るはモーター車のキハ58です。

モーター車なので、後々のメンテナンスを考えると集電板の半田付けは避けたいところ。

denkiha58-7.jpg
そこで画像の○部分に集電板を挿し込む方法をとりました。

denkiha58-8.jpg
点灯確認です。無事に点灯しました。

denkiha58-9.jpg
このままでは集電板が短すぎるので、新たに100㎜の長さの集電板を作成し、集電板を仮組み後、余分な集電板を切ってプリント基板と台車の間に挿し込みました。

ダイキャスト部分には黄色の絶縁テープを貼っています。

車体を組んで完成。


それでは運転の様子です。



お付き合い、ありがとうございました。
nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -