So-net無料ブログ作成
鉄道模型全般 ブログトップ

三世代のストラクチャー [鉄道模型全般]

いよいよ今日から令和元年が始まりましたね。
どんな時代になるのでしょうか。

さて、新元号に引っ掛けたネタで、今日はとあるストラクチャーのお話です。



mokuzoueki1.jpg
トミックス 木造駅舎です。

Nゲージ鉄道模型ファンの方なら1度は見た、あるいは手にした事があると思われる木造駅舎です。


製品は1976年に発売されて以来、ほとんど形を変えることなく今でも売られている超ロングセラー商品で、Nゲージの駅舎といえばまずこれを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。


あるブログでは偉大なる凡庸と形容されていましたが、なるほど、一見どこにでもありそうで、一度は目にしたことがあるような極めて普通の木造駅舎で、その通りだと思いました。

mokuzoueki2.jpg
表題とこの木造駅舎がどう繋がるかというと…

実はこの駅舎、私が昭和63年、小学6年生の頃に鉄道模型を始めた時に初めて買ったストラクチャーで、なおかつ昭和時代から手元に残っている唯一の鉄道模型関係の物なのです。

つまりこの駅舎は昭和、平成、令和と三世代に渡って存在する事になります。

mokuzoueki3.jpg

mokuzoueki4.jpg
画像のとおり駅舎は既にオリジナルの物ではなく、色の塗り替え、駅名の変更をしています。


この駅舎は20年ほど前に制作して未完成のまま廃線になったレイアウトに設置していましたが、現在のレイアウトの構想からは外れ、倉庫の肥やしとなっていたものを引っ張り出してきました。

mokuzoueki5.jpg
先代のレイアウトに設置していた頃の画像です。
購入時には画像の通りホームが付属しているベースがあったのですが、いつの間にか無くなってしまいました。

元号か令和になったのをきっかけに、何らかの形でこの駅舎を蘇らせたいですね。

お付き合い、ありがとうございました。


nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成を振り返る [鉄道模型全般]

今日は4月28日、今日を入れてあと3日で平成が幕を閉じます。

当ブログも平成最後の更新になりますので、私の鉄道模型歴を振り返っていきたいと思います。


私が鉄道模型に触れたのは昭和も終わりの63年、小学6年の時でした。

とある商店街の模型店で鉄道模型が飾られているのを見て衝撃を覚え、小遣いをはたいてトミックスのレールと車両を購入しました。


車両は確か485系電車3両とディーゼル車キサシ80系1両だったと記憶しています。
その4両はとうの昔に無くしてしまいました。

パワーパックを買うお金がなかったので、当時は電池で走らせていました。

平成に入り、中学生になるとレイアウト作りに挑戦するようになりました。

コンパネをベースに、線路を取り付け建物や山、池などを作りましたが高校生の頃に壊してしまいました。

当時の写真はありませんが、この時に使用した線路や建物の一部は今の愚麗鉄道に使われています。

大学生になり再びレイアウト作成を開始。

kyuzumen.jpg
2代目のレイアウトの設計図です。
サイズは約3340㎜×900㎜とかなり欲張ったプランでした。

当時の写真です。
kyu1.jpg

kyu2.jpg

kyu3.jpg

kyu4.jpg

kyu5.jpg

kyu6.jpg

kyu7.jpg

kyu8.jpg

kyu9.jpg

現在のレイアウトと同様アングルを組んで、その上に設置しています。
当時は都会型のレイアウトを目指して制作していました。

しかしこのレイアウトも完成間近の所で色々あって10年ほど放置。


レイアウト制作から離れていた時も車両の購入は続けていたので、完全に鉄道模型と離れていたわけではありませんでした。

2年前、平成29年8月にふとしたことがきっかけでレイアウト制作を再開。
それと同時に2代目のレイアウトも復活させる予定でしたが、レイアウトの老朽化の為復活を断念。

結局2代目レイアウトも壊してしまいました。

gureikobashi.jpg
平成29年12月に3代目レイアウト「愚麗鉄道小橋支線」完成。
すぐに4代目レイアウト「愚麗鉄道」を着工し、去年6月1日にブログ開設。

そして平成30年8月に4代目レイアウトが完成しました。

gurei1.jpg

gurei2.jpg

gurei3.jpg

gurei4.jpg

鉄道模型だけに関して言えばここ1~2年は非常に濃密な時期を過ごしていました。
元号が変わり令和になっても、鉄道模型を止める事はないでしょうね。

長々と書いてしまいました。

それでは皆様、よいお年を。(この使い方、正しいのかな…)

最後までお付き合い、ありがとうございました。


タグ:鉄道模型
nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新年ご挨拶2019 [鉄道模型全般]

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2019geishun.JPG
いよいよ2019年の幕開けですね。

さて、当愚麗鉄道でも新年を祝して、こんな列車を走らせてみました。


題して2019年初荷列車です。

2019geishunmake1.jpg

2019geishunmake2.jpg
余っているコンテナを赤・白・金の3色に塗装し、クリスマストレインの時と同様フリーイラスト素材を印刷し、コンテナに貼り付けて完成。

コキ106に載せました。

2019geishunmake3.jpg

2019geishunmake4.jpg

2019geishunmake5.jpg
ED79に牽引させます。
分かりにくいですが、ヘッドマークも2019年迎春仕様です。

それではご覧ください。


お付き合い、ありがとうございました。




nice!(28)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大掃除と片付け [鉄道模型全般]

クリスマスの3連休、少し早めの大掃除を行いました。

大掃除といっても、私の部屋は週に1度掃除をしていますので不用品の片づけがメインでした。

2018soji1.jpg
これだけの不用品が出てきました。中にはまだ使えそうな物もありますが、1年以上使っていないものは不用品と言われているのできっぱりと捨てます。

部屋を片付けているとこんなものを発見。

2018soji2.jpg
車輌ケースですね。何が入っているのか・・・

2018soji3.jpg
何とポポンデッタの貨車(カ2000:2両、ワム60000:2両)が入っていました。

確か5~6年前に買っていたものですが、すっかり存在を忘れていました。

早速愚麗鉄道に編入です。
これで所有車両は426-429両目になりました。

次はレイアウトの掃除です。

まずは線路の掃除から。

2018soji4.jpg
2018soji5.jpg
以前紹介したモップ君を使っての清掃です。

2018soji6.jpg
ヤード部分は割り箸の先端に布を付けた棒での手作業です。

2018soji7.jpg
前回の清掃から1ヶ月も経っていませんが、結構汚れていました。


最後に、レイアウト全体の埃、ごみを片付けます。

2018soji8.jpg
掃除機でごみを吸い取っていきます。

愚麗鉄道本線、小橋支線共に清掃が終わりました。

2018soji9.jpg
ほこりが付かないようにカバーをかけていますが、掃除機のごみ取りパックを覗いてみると結構ごみが取れていました。

年に1回はレイアウトの掃除機がけが必要ですね。

丸2日掛けての清掃を終え、愚麗鉄道もこれで無事に年が越せそうです。

★余談

少し前の話ですが、今年最後の散髪に行ってきました。

直方市にあるチョモヘアー(CHOMO HAIR)というお店です。


chomohair1.jpg
chomohair2.jpg
このお店、外観にちょっと特徴があり、盛り塩(張りぼて)やくまモンっぽい人形(パチモンという名前らしい)やちょっと笑える張り紙等があって、とても個性的なお店です。

写真は有りませんが、店長の方も個性的な方で、スキンヘッドに作業着といういでたちのなかなかファンキーな人物です。

あ、腕前のほうはしっかりしています。

張り紙や飾りはちょこちょこ変えているようなので、近くにお住まいの方は一度見に行かれてみてはいかがでしょうか。

少しだけ幸せな気持ちになれますよ。

お付き合い、ありがとうございました。







nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

動画2題(木造家屋完成記念) [鉄道模型全般]

木造家屋完成記念として、動画を2つ作成しました。
宜しければご笑覧ください。

まずは、小橋支線での運転の様子です。

DE10とスハ43・スハフ42・オハニ36にご登場いただきました。



次いで、木造家屋の作成記録動画です。



木造家屋作成がメインなので、ベース、小物の作成は割愛させていただきました。

これで小橋支線の方もひとまず完成しました。


お付き合い、ありがとうございました。







nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018/10/7汽車倶楽部定例運転会 [鉄道模型全般]

3連休の10/7日の日曜日、直方の汽車倶楽部の定例運転会に行ってきました。

2018.10untenkai1_mini.JPG
汽車倶楽部定例運転会:http://www.kisyaclub.gr.jp/kisya_20120401b/kisya_mokei.html

今回は車輌を持ち込んでの参加です。
運転会は7月に初めて参加しましたが、その時は見学だけだったので、車輌を持ち込んでの参加は初めてになります。

レイアウトの運転台はAからHまで8箇所あり、最大8列車が同時運行できます。
運転は左側通行のエンドレスのみの運転です。

10:30頃着きましたが、私を入れて満員でした。

2018.10untenkai3_mini.JPG
受付で持込料1,000円を支払い、所定の運転台へと移動。

2018.10untenkai2_mini.JPG
今回持ち込んだ車輌です。
今回はトワイライトEXP・夢空間北斗星・特急はと・31系客車・タキ1900タンク車・489系能登を持ち込みました。


早速運転開始。

2018.10untenkai4_mini.JPG

1時間経過後、スタッフの方から「場所を移動できますが、どうしますか?」と聞かれたので、折角なので別の場所に移動。

12:30にスタッフから延長しますかと聞かれましたが、自分はここで終了しました。

それでは運転の様子です。



やはり大きなレイアウトでの運転はいいですね。13両編成のはとも違和感なく収まっています。

貸しレイアウトは初めての経験でしたが、運転が楽しくあっという間に時間が過ぎてしまいました。

機会があればまた参加したいですね。

※スタッフに写真・動画の撮影とブログへの掲載許可を頂いています。

お付き合い、ありがとうございました。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車両ケースでパーツ入れを作る [鉄道模型全般]

皆さんは、車両やストラクチャーの付属パーツをどのように収納していますか?

私は今まで小袋のままKATOやトミックスのプラスチック製車両ケースに入れていましたが、ただ乱雑に放り込んだだけなので、いざ使いたいという時に車両ケースをひっくり返して探す羽目になっていました。


これでは不便なので、余った車両ケースを利用して、パーツ入れを作りました。


casemaking1_mini.JPG
使用するのはKATOのプラケース(大)です。

厚紙で仕切りを作ります。


casemaking2_mini.JPG
KATOのプラケースは底面に向かって内側にテーパーが付いていますので、厚紙を斜めにカットしています。
幅は実測上面38㎜、下面が37㎜、高さ24㎜だったのでまず厚紙を35~45㎜幅にカットし、その後38㎜幅にカットします。
カット後、24㎜幅に折れ目の筋彫りを入れ、L型に曲げます。


casemaking3_mini.JPG
ケースに嵌めてみました。


casemaking4_mini.JPG
実際にパーツを入れて見ます。右がパーツを入れた状態です。
なかなか良い出来だったので、同様にいくつか作ってみました。


casemaking5_mini.JPG
手持ちのパーツを全て収納する事ができました。

使用する箱は増えましたが、この方が見た目もきれいで、分かりやすいですね。


お付き合い、ありがとうございました。




nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

運転会 初参加 [鉄道模型全般]

昨日は予告どおりブログをお休みしました。
連続更新記録は終わりましたが、また新たなスタートです。

先日、直方の汽車倶楽部の運転会に行ってきました。

http://www.kisyaclub.gr.jp/kisya_20120401b/kisya_mokei.html

untenkai1_mini.JPG
運転会は初めての参加です。
汽車倶楽部では毎月第1週の日曜日に運転会を行っており、見学は無料、車両持込は1,000円で出来ます。
店舗の隣にプレハブがあり、そこで運転会を行っています。

untenkai4_mini.JPG
通常の貸しレイアウトも行っています。料金は1時間3,000円です。

untenkai2_mini.JPG
スタッフに写真の撮影とブログ掲載の許可を頂きました。
かなり大きなレイアウトです。部屋の広さは30平米くらいはあるでしょうか。うちのレイアウトとは比べ物になりません。
お客さんの持ち込み車両と、スタッフの車両が走っていました。

untenkai3_mini.JPG


untenkai5_mini.JPG
ヤード部分。オリエント急行やサロンカーなにわ等がありました。


このレイアウトは約5年前から制作を始めていて、現在も制作は進行中との事。
次回来た時にはレイアウトの作成が進んでいる事でしょう。

今回は見学のみだったので、1時間ほどの滞在でしたが、次はぜひ自分の車両を持ち込んで運転してみたいですね。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

余った車両ケースの利用法 [鉄道模型全般]

最近の入線ラッシュで、1つ気になることがあるのです。
それは、これ!

case1_mini.JPG
プラスチック製の車両ケースです。気が付いたらかなりの数が溜まっていました。

素直に捨ててしまえばいいのですが、何か利用法はないかと思案。
いくつかアイデアを出してみました。

①余ったパーツを収納する
case2_mini.JPG
多分これが最も多い使い方ではないでしょうか。私もストラクチャーの小物や、車両パーツ入れに使っています。普通に他の小物入れとしても使えますね。

②パーツ洗浄時の受け皿にする
ケースにエタノールやクリーナー液を注ぎ、車輪などの金属パーツを漬け込んで洗浄。
平らなパーツなら良さそうですが、わざわざこれを使わなくても瓶で良い気がしますね。

③建物作成の材料にする
フルスクラッチの材料として、プラ板代わりにと行きたいところですが、トミックスのケースは分厚く加工に不向き、KATOは薄いのですが小さいのでやはり使いにくい。
ガラス部分にならどうにか使えそうですが、普通に透明プラ板を使ったほうがいいですね。

④レイアウトの土台や山の材料にする
使おうと思えば使えますが、山はある程度大きな山でないと使えないし、土台にしても結構な数が必要です。
ジオラマの土台に使うと、紹介するときにちょっと自慢になるかも?

⑤筆箱にする
case3_mini.JPG
トミックスのケースに入れてみました。案外悪くないかも?流石に学校や職場には持っていけませんが・・・
電話台の上に置いてペンケース代わりに使うといいかもしれませんね。

⑥立体アートの材料にする
爪楊枝や切符を使用した立体アートをたまに見かけますが、それの車両ケース版です。
問題は、作るのにとてつもない量のケースが必要な事。一人ではとても無理です。

⑦弁当箱にする
case4_mini.JPG
※写真はイメージです。

論外です(笑)そもそも見た目が悪い。KATOでは小さすぎますし、トミックスでも2つは必要です。
昼食の弁当箱がこれだったら、へこみますね。
でも、こんな弁当がJAM等のイベントで売ってあったら、買っちゃうかも?

まあ実際のところ、①②⑤くらいでしょうね、私が考えた中で使えそうなのは。

余談も余談ですが、似たような話題で5ちゃんねるの鉄道模型掲示板で「余ったウレタンの有効活用」という記事があるようです。

こんな戯言にお付き合い、ありがとうございました。

※6/18追記:切符アートの写真を削除しました。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ごあいさつ及びレイアウト紹介 [鉄道模型全般]

はじめまして、TYPESと申します。
本日よりブログを開始いたしました。
色々と至らない部分もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

早速ですが私の鉄道模型レイアウトのご紹介です。
ミニ1-1_mini.jpg
縦49センチ×横119センチのミニレイアウトです。
昭和40年代前半の田舎の非電化ローカル線がテーマです。
製作期間は2017年8月から12月まで、約4ヶ月です。
運転はトミックスの旧パワーユニットにコンバーターボックスを介して行っています。
ミニ1-2_mini.jpg
左部分です。山に2つのトンネル、池の部分にはデッキガーダー橋、スルーガーダー橋、そしてレンガアーチ橋が架かっています。
左の怪しい物体は・・・気にしないで下さい。(汗)
ミニ1-3_mini.jpg
中央部分です。対向式ホームと機関区です。
ミニ1-4_mini.jpg
右部分です。オレンジの屋根が駅舎、タクシー会社と交番、水田と農家です。
ミニ1-5_mini.jpg通常はほこり防止のためこのようにカバーをかけています。

とりあえずざっくりと紹介させていただきました。レイアウトの詳細は後日UPしていきたいと思います。

お付き合いいただき、ありがとうございました。





nice!(1)  コメント(0) 
鉄道模型全般 ブログトップ