So-net無料ブログ作成
車輌関係 ブログトップ
前の10件 | -

ニコイチでオハフ30を作る1 [車輌関係]

ヤフオクで購入しておいたオハニ30と、既に入線済みのオハ31をニコイチで改造して、オハフ30を作ります。

KATOのオハ31系客車にはなぜか車掌室付のオハフ30はラインナップされていません。

ネットでオハ31系の電飾方法を調べていると、オハニ30とオハ31を組み合わせてオハ30に改造する記事があったので、それを参考に作成していきます。

ohafu30-1-1.jpg
種車のオハニ30です。
カプラーは既にKATOカプラーが装着されていました。

早速作成開始です。

ohafu30-1-2.jpg
上がオハ31・下がオハニ30です。
画像の線の部分で切断します。

ohafu30-1-3.jpg
切断には薄刃ののこぎりを使います。
切断しました。

ohafu30-1-4.jpg
切断面をやすり掛けします。
粗磨きに#80、#150、仕上げに#1000の紙やすりの外、リューターも使います。

やすり掛けしては部品を合わせるの繰り返し後、10分ほど削ってようやく完成。

ohafu30-1-5.jpg
部品を合わせてみました。
接合部分が少し目立ちますが、後でボディ色を塗って目立たなくします。


妻面の貫通ドアを作ります。

ohafu30-1-6.jpg
以前のオハニ30の時と同様に厚紙に写したドアを切って、自作のぶどう色2号で塗装します。

塗装後妻面裏側に貼り付けて完成。

アップするとやはり粗が目立ちますが、遠目で見れば分からないのでこれで良しとします。

台車側を改造します。

ohafu30-1-7.jpg
台車に集電シューとビス止め固定用の穴を開け、ボディにビス止め用のナットを瞬間接着剤で接着しました。

ohafu30-1-8.jpg
テールライトを作成します。
先ほど貫通扉を付けた妻面に冶具を当てて1㎜径のピンバイスで穴を開け、ウォーターエフェクトで穴を埋めた後クリヤーレッドで色差しして完成。

ここで時間切れ。
次回に続きます。

★余談

2019kadan5-1.jpg
夕顔が咲き始めました。
例年より2週間ほど遅いですが、無事に咲いてほっとしました。

2019kadan5-2.jpg
朝顔です。
長引いた梅雨の影響か今年は出来が悪く、7月10日ごろからパタッと咲かなくなりました。

先日ようやく上の方の朝顔が咲き始めました。

2019kadan5-3.jpg
しかし肝心の中段部分には蕾が見られず、今年は葉っぱだけの寂しい朝顔になりそうです。

★お知らせ
所用によりブログ更新を1週間ほどお休みさせていただきますので、ご了承ください。
次回の更新は8/20日以降の予定です。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハニ30の改造2 [車輌関係]

オハニ30の車内改造 続きです。

テールライトのレンズを作ります。

ohani30-2-1.jpg
まず、透明プラ板で治具を作り、治具の穴に沿ってピンバイスで1㎜の穴を妻板に開けます。

穴をウォーターエフェクトで塞いで、クリヤーレッドを塗装して完了。

ohani30-2-2.jpg
近くで見ると粗が目立ちますが、とりあえずはこれで良しとします。

ohani30-2-3.jpg

ohani30-2-4.jpg
床・内壁をフラットアースで塗装後窓硝子を透明ボンドで接着し、厚紙で荷物室と客室、トイレの壁を作ります。

塗装まで完了しました。

車掌室と荷物室の間の壁はテールライトを自作する予定なので付けずにこのままにします。

ohani30-2-5.jpg
屋根をはめ込んでみると、後付した窓硝子と干渉して入らない箇所があったので、当たる部分をカットしました。

ohani30-2-6.jpg
更に純正の窓硝子を廃した事で、台枠とボディのはめ込みが緩くなったので台枠の6つの爪を内側に曲げました。

完成画像です。

ohani30-2-7.jpg

ohani30-2-8.jpg

ohani30-2-9.jpg

この後室内灯とテールライトを取り付ける予定です。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オハニ30の改造1 [車輌関係]

前回途中で中断していたオハニ30の車内を改造します。

まず、妻板部分の貫通扉を厚紙で作成します。

画像を検索すると、乗降用の扉と同じ形だったので、それを基に厚紙に扉を転写します。

ohani30-1-1.jpg
切り抜き時の失敗を考え、3枚作りました。

ohani30-1-2.jpg
窓硝子部分を切り抜きます。

ohani30-1-3.jpg
細かい部分なので切抜きに苦労しましたが、何とか切り抜きました。

次にドアの立体感を表現します。

ohani30-1-4.jpg
まず切り抜いた窓の外枠にカッターで筋を入れ、厚紙を薄く剥がしていきます。
下の2つの四角も同様に剥がします。

ohani30-1-5.jpg
グレーのサーフェーサーを吹いて、ぶどう色2号で塗装後、塩ビ板を裏から貼って完成です。

ぶどう色2号は鉄道カラーを持っていないのでタミヤカラーのブラウン4:ハルレッド3:セミグロスブラック1の割合で調合した近似色を塗装しました。

ohani30-1-6.jpg
塩ビ板で窓硝子を新規に作成します。

純正の窓硝子は硝子保護棒の表現が無いので、保護棒を書き込みます。

ohani30-1-7.jpg
まず塩ビ板にマスキングテープを貼り、鉛筆で保護棒を書き込みます。

ohani30-1-8.jpg
逆さにした針をピンバイスに咥えさせ、フラットアースを針の先に少量付けながら線に沿って書き込んでいきます。

保護棒の線の太さが一定しておらず出来はあまり良くないですが無いよりはましですね。

ohani30-1-9.jpg
その他の窓もカットして、完成。
右画像の○で囲った窓は摺りガラス表現の為メンディングテープを貼っています。
この窓はトイレの窓になります。

ohani30-1-10.jpg純正の窓硝子を外すと屋根とボディを組む際にゆるゆるになってしまうので、屋根の爪が当たる部分に0.4㎜厚プラ板をボディに貼り付けました。

今日はここまでとします。
次回で完成の予定です。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

31系客車内装 [車輌関係]

KATO オハ31系客車の内装を塗装します。

oha31-1.jpg
この車輌はKATO最初期から販売されている超が付くほどのロングセラー製品で、大きなリニューアルも無く現在まで発売されている車輌です。

早速分解です。

オハ31系はKATOの一般的な車輌とは違って屋根から分解する方式ですが、これがなかなか厄介でした。

oha31-2.jpg
カッターを屋根とボディの間に挿し込み、細いマイナスドライバーで隙間を広げ、更に爪楊枝でその隙間を保持してどうにか屋根とボディを分解しました。

oha31-3.jpg
分解後、硝子を取り外し、台枠とボディを分離させて完了。

oha31-4.jpg
この硝子パーツもかなり堅く、マイナスドライバーで爪の部分をこじりながら少しずつ浮かせて何とか取り外しが出来ました。

oha31-5.jpg
分解が終わった所で塗装開始。

oha31-6.jpg
オハ31から塗装します。
座席の着座部分のみをタミヤカラーのグリーン4:+フラットホワイト1で、それ以外の床、壁、背もたれ、肘掛をフラットアースで塗装します。

続いてオロ30。
いざ塗装と行きたいのですが、内装の色が分からない!

オハ31は大宮の鉄道博物館に保存されていたのでその画像から判断できたのですが、オロ30の内装は資料が見つからず難儀。

結局完全な想像になりますが、座席部分をフラットブルー、それ以外の床、壁、背もたれ、肘掛をフラットアースで塗装する事にしました。

oha31-7.jpg
オハ、オロ共に塗装が終わりました。

あれ、残り1両は?

実は残りのオハニ30も途中まで塗装していたのですが、内部を色々改造したくなったので塗装を中断しました。

という訳でオハニ30の改造は次回に回します。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

未入線扱い [車輌関係]

当愚麗鉄道には現在439両の車両が在籍していますが、実は購入したものの未入線扱いになっている車輌があります。

今回はその車輌を紹介します。

minyusen1(ohani30).jpg
まずは、KATOオハニ30。

3ヶ月ほど前にヤフオクで購入。

これはオハ31とオハニ30の車体を切り継いで(いわゆるニコイチ)オハフ30を作る為に購入したものです。

入線車輌にカウントしてしまうと1両増えた事になりますがオハフ30を完成させるとプラマイゼロなのでカウントはしていません。

minyusen2(twi-ohane25).jpg
続いてトミックス オハネ25 トワイライトエクスプレスバージョン。


現在の編成は客車が9両しかなく、この車輌を加える事で本来のフル編成になります。
しかし全く手を付けていないので入線車輌にはカウントしませんでした。

minyusen3(oha-ohafu61).jpg
最後はグリーンマックス オハ61&オハフ61塗装済キットです。

これは随分前に購入していたのですが、未だ手付かずのままです。
車輌が完成していないので当然カウントは出来ませんね。

今回はこの内のオハネ25を軽く整備します。

まずは車輪を清掃します。

minyusenseibi1.jpg
かなり汚れが付着していました。

トワイライトエクスプレスロゴのインレタを車体に転写します。

minyusenseibi2.jpg
トワイライトのインレタです。
20年以上前に購入したセットに附属していたものです。
かなり昔のものなので、使えるかどうか分かりませんが一応やってみます。

minyusenseibi3.jpg
少しずれましたが、上手く転写が出来ました。

minyusenseibi4.jpg
今回購入したオハネ25は254番、既に在籍しているオハネ25も524番になっています。
この車両は編成を組んだ時に隣同士に連結されるので、同じ車番が隣同士では見栄えが悪いので車番を変更します。

minyusenseibi5.jpg
変更する車番の周りをマスキングテープで囲って、電動消しゴムで車番を削ります。

minyusenseibi6.jpg
綺麗に削れました。

削った部分に3番のインレタを転写します。

minyusenseibi7.jpg
434号が433号に変身しました。

インレタ部分の数字がはっきりとした白色なので元の印刷の車番に比べて目立ちますが、これで良しとします。


このままオハネの整備を続けてもいいのですが、先に手を加えたい車輌があるのでそちらを優先し、ひとまずオハネはこれで終了とします。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トミックスC11の復旧を試みる [車輌関係]

前回、一旦除籍になってしまったトミックスC11ですが、モーターを抜いてトレーラー化すればKATOのC11との重連運転が可能なのではないかと思い、復旧を試みることにしました。


tomixc11-1.jpg
まずは外れたロッドの修理を試みます。

ロッドをピンセットでつまんで、留め金?の部分に慎重に挿入してみました。

tomixc11-2.jpg
何とか上手く嵌まりました。


続いて車両を分解します。

tomixc11-3.jpg
キャブ、石炭庫から慎重に外します。

続いて車体とボディとを分離します。

tomixc11-4.jpg
5分ほど格闘の末、何とか外せました。

tomixc11-5.jpg
モーターとギアを外しました。
これで自走は不可能になりました。

モーターを外したことでバックライトも点灯不可になりましたが、ここは目をつぶります。

tomixc11-6.jpg
外したパーツを元に戻して完了です。

tomixc11-7.jpg
しかし、取り付けたはずのロッドが再び外れてしまいました。

再びロッドを取り付けて試運転してみましたが、どうも留め金が緩くなっているようで、嵌めてもすぐに外れてしまいます。

ロッドが外れた状態でも走れなくはないのですが、ロッドを引きずりながら走る様は見ていて情けないです。

※この後重連での運転中にロッドが外れ行方不明になってしまいました。
これで完全な修復は不可能になってしまいました。

修復が不可能になったC11をどうするかと悩みましたが、とりあえずトレーラーとして走行は可能なので、再び愚麗鉄道に編入しました。

所有車両は439両と1両増えた形になります。

ここはやはり静態保存車両に見立てて、レイアウトの空きスペースに飾るのが一番でしょうね。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO C11入線 [車輌関係]

KATO C11が入線しました。

KATOC11-1.jpg
これでC11型はトミックスの車輌に続いて2両目、当愚麗鉄道の所属車輌は439両となるはずですが・・・

C11bunkai1.jpg
実は1か月ほど前、ミニレイアウトでトミックスのC11を走らせていたところ、突然動きが悪くなりトラクションタイヤが外れる事態が発生。

トラクションタイヤを付けるには車輌を分解しなければならず、分解を決断。

しかしそこで悲劇が発生!

C11bunkai2.jpg
頑張って車輌を分解して、トラクションタイヤを取り付けた矢先、車輌右側の○部分のロッドが外れ、付け直そうとしても上手く嵌らず。

修理を依頼するにも、かなりの出費は避けられないと予想。

元々動きが芳しくない車輌の上、修理に出すよりも新車を購入した方が良いと判断し、トミックスのC11は当愚麗鉄道から一旦除籍することにしました。

そんな訳で、KATOのC11を購入する次第となりました。

すなわち所有車輌は438両で変わらずという事になります。

前置きが長くなりました。
KATO C11です。

車両を取り出し、早速整備開始。

KATOC11-2.jpg
まずは重連運転も出来るように先頭のダミーカプラーをアーノルドカプラーに交換。

交換が終了しました。

最後にナンバープレートを取り付けて終了。

KATOC11-3.jpg
174号機にしました。

KATOC11-4.jpg
レイアウト上で記念撮影。手前がKATO、右がトミックスです。

KATOC11-5.jpg
何を牽かせようかと考えていた時、去年の暮れに発見した家畜車と無蓋車を思い出し、早速KATOカプラーに交換。

これで運転準備が完了しました。

KATOC11-6.jpg
それでは運転の様子です。



運転はすこぶる良好でした。

この後小橋支線(ミニレイアウト)で運転してみましたが、何度やってもポイントの部分で脱線してしまい、小橋支線での運転は不可能と判断し運転を中止。

どうもトミックスのミニカーブレールとは相性が悪いようです。

★余談
朝顔がずいぶん成長しました。
花の数もぼちぼち増えてきています。

2019kadan5-1.jpg
5日ほど前に咲いた白の朝顔

2019kadan5-2.jpg
2日前に咲いた紫とすみれ色の朝顔

2019kadan5-3.jpg裏側にも咲いていました。

日よけとしてはまだまだ物足りないですが、後1週間もたてばかなりの数の花が咲くでしょう。

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スハ43系・キハ58系内装 [車輌関係]

今回はトミックス スハ43系客車(茶色)とKATO キハ58系客車の内装を塗装します。

suha43&kiha58-1.jpg
当愚麗鉄道ではオハニ36・スハフ42・スハ43の3両とキハ28・キハ58(モーターあり・なし)の計6両が在籍しています。

早速分解です。

まずはオハニ36から分解します。
分解してみると、今まで見た事のない構造になっていました。

suha43&kiha58-2.jpg
ウェイトは半分化され、テールライトのプリント基板が台車の半分を占めています。

suha43&kiha58-3.jpg
ボディ部分にもテールライトと一体化した妙なパーツが付いています。
どうやらこのパーツで左右の窓ガラスパーツを保持しているようです。

室内灯の作成は手間取りそうです。

続いてキハ58系も分解。

suha43&kiha58-4.jpg
キハ58(モーター車)です。
これも見た事のないパーツ構成です。分解には手間取りました。

今後の室内灯作成に不安を感じつつも塗装開始。

suha43&kiha58-5.jpg
スハ43系から塗装します。

suha43&kiha58-6.jpg
床・壁部分をフラットアース、座席部分をフラットブルーで塗装します。

今回はサーフェイサーは吹かずにそのまま塗装します。

オハニ36にはトイレのモールドが表現されていたので、トイレをフラットホワイトで塗装。

suha43&kiha58-7.jpg
スハ43系3両の塗装が完了しました。

続いてキハ58系です。
この3両は事前にホワイトサーフェイサーを吹きました。

suha43&kiha58-8.jpg
壁・床部分をフラットホワイト5+デッキタン1、肘掛をスカイグレイ、座席をフラットブルーで塗装します。
モーター車の座席は表現されていないのでマスキングテープを貼って塗装して座席を表現します。

suha43&kiha58-9.jpg
こちらも塗装が完了しました。
モーター車の座席は塗装がやや荒いですが、車内に組んでしまえば余り目立たなくなるのでこれで良しとします。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

特急はと内装2 [車輌関係]

特急はと 青大将仕様の内装続きです。

座席を塗装します。

まず三等車スハ・スハニの5両から行います。

hato2-1.jpg
シートカバー部分を残すように塗装します。

座席の塗装が終わりました。

hato2-2.jpg
次は肘掛部分を塗装します。

hato2-3.jpg
最後に座席背面部分を塗装します。

三等車の座席は座席部分・座席裏面・肘掛と3つに分かれてますので塗装にかなりの時間を要する事に。

苦労しながら、何とか1両分完成しました。
ここまで45分程度掛かりました。

残りの4両も何とか完成。

次に二等車スロ4両を塗装します。

hato2-4.jpg
こちらは座席部分の塗装のみなので、スハに比べるとかなり楽です。

hato2-5.jpg
全ての車両の塗装が終了しました。
後は室内灯の設置を残すのみとなりました。

★余談
先日部屋の前の朝顔を見てみると、すみれ色の花が2つ咲いていました。

2019kadan4.jpg
例年に比べると少し遅いようです。
これからたくさんの花を咲かせることでしょう。


お付き合い、ありがとうございました。

nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

KATO スハ32系中央線客車入線 [車輌関係]

KATO スハ32系中央線普通列車7両セットが入線しました。

chuokyaku1.jpg
今年初、そして令和初の入線報告になります。
現在の所有車両が431両なので、7両増えて438両になりました。

chuokyaku2.jpg
このセットの目玉は何といっても暖房車マヌでしょう。

chuokyaku3.jpg
暖房車は簡単に言えば走るボイラーで、蒸気機関車のようにボイラーと水タンク、炭庫を備えた車両で、客車に暖房用の蒸気を送るためだけに作られた車両です。
当然のことながら暖房を使用しない夏場は全く用のない運用的には非効率な車両でした。

それでも、暖房装置を持たない機関車が牽く客車にとっては必要な車両でした。

説明書によると昭和45年ごろまで暖房車が使われていたそうで、私の生まれる数年前まで走っていたのは意外に感じました。

早速整備開始。
整備といっても、今回はKATOカプラーへの交換と行き先サボを車両に貼るだけの作業です。

KATOカプラーに交換します。

chuokyaku4.jpg
カプラー交換後、行き先サボを車体に貼り付けます。

chuokyaku5.jpg
長野行きにしました。

chuokyaku6.jpg
貼り付けが終わりました。

それでは運転開始です。


推奨牽引機関車はEF13となていますが、所持していないのでEF15で代用しています。

いずれは車内の塗装、室内灯の設置をしないといけないですね。
メイン牽引機のEF13も入手しなければ…

お付き合い、ありがとうございました。

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 車輌関係 ブログトップ